東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育

ここから本文

【教育】

写真

 低所得世帯を対象にした大学などの高等教育無償化を巡り、学生団体「高等教育無償化プロジェクト(通称・フリー)」が二十三日、東京都新宿区で街頭活動を行い、中所得世帯でも経済的な理由で進学先を自由に選べないとして、学費の値下げや奨学金制度の改善を求めた。(6月24日 紙面から) [→記事全文へ]

[写真]

高等教育で学費の値下げや奨学金制度の改善を求め、プラカードを掲げたりスピーチをしたりする学生たち=23日、東京都新宿区のアルタ前で

 
写真

 アメリカのメジャーリーグ、エンゼルスの大谷翔平(おおたにしょうへい)選手(24)が13日、アメリカ南部のフロリダ州で行われたレイズ戦で、日本選手として初めてサイクル安打の快挙(かいきょ)を達成しました。(6月22日 紙面から) [→記事全文へ]

[写真]

レイズ戦の7回、ヒットを放ち、サイクル安打を達成したエンゼルスの大谷翔平選手=13日、アメリカのセントピーターズバーグで(共同)

 

 新聞を活用して社会人としての力を高め、仕事にも役立てもらおうと、東京新聞では企業や自治体、大学などへの「出前講座」を実施しています。NIB(Newspaper in Business=ビジネスに新聞を)の取り組みです。
 新聞を読むことによって得られる力には、主に「雑談力」「発想力」「分析力」「人生経験力」「共感力」「広報力」があります。これら「6つの力」につながる新聞の読み方、活用法などを編集局のデスク、記者が出向いて解説します。講義だけでなく、気になる記事をグループごとに切り抜きまとめる「まわしよみ新聞」などのワークショップにも取り組んでいます。
 新入社員、職員や若手、中堅向けまで、ご要望に応じる「オーダーメードの研修」が東京新聞「出前講座」の特長です。
 お申し込み、お問い合わせは出前講座・NIB担当・鈴木賀津彦(03−6910−2203)へ。

 
写真

 松戸市立松戸高校は二十四日、本紙記者を講師に、新聞記事の書き方や読み方を実践的に学ぶ授業を開いた。 二年生約三百六十人が受講、この日の東京新聞を一面から最終面まで短時間で目を通し「読みたくなった見出し」をチェックした後、三面の「この人」欄の記事を書くつもり…(1月27日 紙面から) [→記事全文へ]

[写真]

2年生全員が体育館に集まり、この日の新聞を読むなどした=松戸市の市立松戸高校で

 
写真

 新聞紙を体に巻きつけた子供が「あったかいー」とつぶやいています。新聞紙の大きさを全身で味わったり、紙の柔らかさを感じたりしながら、ある子供は、キャラクターになりきって変身ポーズを決めています。(6月12日 紙面から) [→記事全文へ]

[写真]

昨年の展覧会でのファッションショー=東京都北区立八幡小学校で

 

PR情報