東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<スポーツ編>服部選手 福岡国際マラソンV

福岡国際マラソンで初優勝した服部勇馬選手=2日、平和台陸上競技場で

写真

 福岡国際(ふくおかこくさい)マラソンが2日、福岡市の平和台(へいわだい)陸上競技場(きょうぎじょう)を発着点とする42.195キロのコースで行われ、服部勇馬(はっとりゆうま)選手(25)が2時間7分27秒の日本歴代8位の記録で優勝(ゆうしょう)しました。日本人選手の優勝は2004年大会の尾方剛(おがたつよし)選手以来14年ぶりです。

 正午の気温が20度を超(こ)える厳(きび)しい条件(じょうけん)の中、服部選手は36キロすぎでアフリカ選手2人と競(きそ)っていた先頭集団(しゅうだん)を抜(ぬ)け出し、独走(どくそう)でゴールテープを切りました。自己(じこ)記録を2分19秒も縮(ちぢ)め、4度目のマラソンでつかんだ初優勝に「練習の成果がそのままタイムに出たのがうれしい」と喜びました。

 男子マラソンでは今年、設楽悠太(したらゆうた)選手、大迫傑(おおさこすぐる)選手によって日本記録が2度も更新(こうしん)されました。2020年の東京オリンピックへ向け、レベルの高い競争が続きます。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報