東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<経済編>ローソン、夏に無人営業実験へ

ローソンのセルフレジ

写真

 コンビニ店を運営(うんえい)する会社のローソンは、お客さんの少ない夜中に、店を店員がいない無人にする実験を始めると発表しました。毎日24時間営業しているコンビニ店は人手不足で、店員をやとうのが難(むずか)しくなっています。このため、無人でも店を運営できるか、調べることにしました。

 今年7月ごろから2店で午前0時から午前5時まで実験します。期間は数カ月を予定し、最初は売り場の裏(うら)などで店員1人が働きますが、問題がなければ無人にします。

 お客さんはあらかじめ登録したスマートフォンで無人の店の鍵(かぎ)を開けて、中に入ります。買い物をすませると、お客さんが代金の計算や支払(しはら)いを自動でできるセルフレジなどを使って会計をします。ローソンは実験中、お酒やたばこなど、大人かどうか確認(かくにん)の必要がある商品は売らないとしています。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報