東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<くらし編>20年ぶり お札が新しくなるよ

新しい1万円札(上)、5千円札(下)の見本

写真

 1万円札と5千円札、千円札を新しくすることが9日、発表されました。2024年度上期から発行され、お札を新しくするのは04年以来20年ぶりとなります。

 1万円札の顔には、多くの会社の設立(せつりつ)に関わり日本経済(けいざい)の近代化を進めた実業家の渋沢栄一(しぶさわえいいち)、5千円札は津田塾(つだじゅく)大学の前身の学校をつくり女性(じょせい)教育の先駆(さきが)けとなった津田梅子(つだうめこ)、千円札は近代医学の基礎(きそ)を築(きず)いた北里柴三郎(きたさとしばさぶろう)が選ばれました。

 渋沢らの立体的な肖像(しょうぞう)が見える最新のホログラムを世界で初めてお札に入れるなど、偽造(ぎぞう)を防(ふせ)ぐ最新技術(ぎじゅつ)が使われます。金額表示(きんがくひょうじ)は、漢数字より洋数字を大きくします。2千円札は、流通枚数(まいすう)が少ないため変えません。裏(うら)は1万円札が東京駅丸の内駅舎(えきしゃ)、5千円札は藤(ふじ)の花、千円札は葛飾北斎(かつしかほくさい)の富嶽三十六景(ふがくさんじゅうろっけい)「神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)」です。500円硬貨(こうか)も素材(そざい)を変え21年度上期から発行します。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報