東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<社会編>熊本にワンピース像 復興応援

人気漫画「ワンピース」に登場する主人公ルフィ(中央下)ら=(c)尾田栄一郎/集英社

写真

 熊本(くまもと)市出身の尾田栄一郎(おだえいいちろう)さんが描(か)く人気漫画(まんが)「ONE PIECE(ワンピース)」のキャラクター8種類の像(ぞう)が、地震(じしん)で被災(ひさい)した熊本県内8市町村に置かれます。熊本地震から3年たち、復興(ふっこう)を後押(あとお)しするためです。

 8体は、海賊王(かいぞくおう)を目指す主人公ルフィの仲間たち。震度7を2度観測(かんそく)し、給食センターが大きな被害にあった益城町(ましきまち)には料理人サンジを設置(せっち)。南阿蘇村(みなみあそむら)には考古学者ロビン、西原村(にしはらむら)は航海士(こうかいし)ナミを、2020年度末までに置きます。8体とは別に、熊本市内の県庁(けんちょう)前には高さ174センチのルフィ像がすでにあります。

 熊本県は「熊本に上陸したルフィ一行は地震で多くの住民が苦しんでいることを知りました。ルフィが仲間たちに復興を助けるよう指示(しじ)。それぞれの特技(とくぎ)でこまり事を解決(かいけつ)します」といった物語も用意しました。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報