東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<国際編>ロシアで旅客機燃え、41人死亡

5日、機体を燃え上がらせながら空港に緊急着陸する旅客機=ロシア・モスクワで(@artempetrovich提供、AP・共同)

写真

 ロシアの首都モスクワの空港で5日、旅客機が緊急(きんきゅう)着陸し、機体の後ろ側が燃(も)え上がりました。乗客と乗員は急いで脱出(だっしゅつ)しましたが、乗っていた計78人のうち、41人が死亡(しぼう)しました。日本人は乗っていませんでした。

 乗客の話によると、モスクワの空港を飛び立ったすぐ後に、旅客機に雷(かみなり)が直撃(ちょくげき)したということです。機長はすぐ空港に引き返すと決めました。ただ、操縦席(そうじゅうせき)の機械が正しく動かず、着陸するときに滑走路(かっそうろ)にぶつかってしまい、エンジンから火が出ました。

 ロシア当局はフライトレコーダー(飛行記録装置(そうち))を回収(かいしゅう)して原因(げんいん)を調べています。事故(じこ)が起きたのはロシアで最も大きい航空(こうくう)会社の「アエロフロート・ロシア航空」。日本には成田空港とモスクワを結ぶ便が就航(しゅうこう)しています。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報