東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<科学編>新スパコンの名前は「富岳」に

スーパーコンピューター「富岳」の試作機=富士通提供

写真

 理化学(りかがく)研究所は、開発中の新しいスーパーコンピューター(スパコン)の名前を「富岳(ふがく)」に決めました。富岳は富士山(ふじさん)の別名です。計算能力(のうりょく)の「高さ」と、使い道の「広さ」を日本一の山と裾野(すその)になぞらえました。

 スパコンは、スマートフォンや家庭のパソコンより、けた違(ちが)いに速いコンピューターです。兵庫(ひょうご)県神戸(こうべ)市にあり、1秒間に1京(けい)回(京は1億の1億倍)も計算できるスパコン「京」のさらに100倍も速い、世界トップ級の能力が目標で、2021年にも完成します。

 使うのは研究者や会社です。「自動車をどんな形にしたら周りの空気が流れやすくなり、使う燃料(ねんりょう)が少なくてすむか」「100万人が住む大きな街で地震(じしん)が起きた時、みんながどうやってにげるとスムーズか」など、たくさんの計算が必要で実験もしにくい問題に答えるのに役立ちそうです。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報