東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<スポーツ編>ガンダム、宇宙から五輪応援

発表記者会見でガンダムの模型と写真に納まる宇宙飛行士の金井宣茂(かない・のりしげ)さん(左)ら=5月15日、東京都千代田区で

写真

 2020年東京オリンピック(五輪)・パラリンピック組織(そしき)委員会は5月15日、人気アニメ「機動戦士(きどうせんし)ガンダム」の模型(もけい)を宇宙(うちゅう)に飛ばし、大会への応援(おうえん)メッセージを地上に送る計画を発表しました。宇宙航空(こうくう)研究開発機構(きこう)(JAXA(ジャクサ))と東京大学と協力して行います。

 模型は「ガンダム」とライバル「シャア専用(せんよう)ザク」の2体で、高さ約10センチ。メッセージを表す電光掲示板(けいじばん)と共に、長さ30センチ、縦(たて)横10センチの超小型衛星(ちょうこがたえいせい)に納(おさ)めて来年3月、国際(こくさい)宇宙ステーション(ISS(アイエスエス))に物資(ぶっし)を運ぶ補給船(ほきゅうせん)に積んで打ち上げます。

 その後、宇宙空間に放出された衛星から、模型と電光掲示板を外に出し、その姿(すがた)を衛星のカメラで撮影(さつえい)して地球に送信、会員制(かいいんせい)交流サイト(SNS)などを通じて公開します。「金メダルおめでとう」などのメッセージを、日本語や英語などで表示します。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報