東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<国際編>天安門事件30年 中国は正当化

警戒が続く中国・北京の天安門前=4日(共同)

写真

 中国で1989年、政府(せいふ)に民主化を求める運動を行った学生や市民たちを軍が無差別に銃(じゅう)で撃(う)つなどした天安門事件(てんあんもんじけん)から4日で30年となりました。多くの人が命を落とした首都・北京(ペキン)の天安門広場近くには軍や警察(けいさつ)の車が集まり、政府への抗議(こうぎ)活動が行われないか警戒(けいかい)していました。

 民主化運動は、学生らに理解(りかい)を示(しめ)した胡耀邦(こようほう)・元共産党総書記(きょうさんとうそうしょき)が89年4月に亡(な)くなり、その追悼(ついとう)をきっかけに起きました。軍は6月3日夜に制圧(せいあつ)を始め、4日未明に天安門広場に突入(とつにゅう)し、武力(ぶりょく)で抑(おさ)え込(こ)みました。政府は死者数を319人としていますが、正確(せいかく)な人数は分かっていません。

 日本やアメリカなどは事件を批判(ひはん)していますが、中国は「政治的な騒(さわ)ぎだった」として今も制圧を正当化し、事件や民主化に関する言論(げんろん)を厳(きび)しく制限(せいげん)しています。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報