東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<社会編>シャンシャンの帰国 1年半延期

 上野動物園(東京都台東(たいとう)区)で2017年6月に生まれたジャイアントパンダのシャンシャンが両親の故郷(こきょう)の中国へ帰る時期が20年末までに延期(えんき)されました。東京都と中国側の取り決めでは、2歳(さい)になれば中国へ返すはずでしたが、話し合いの結果、上野動物園であと1年半近く過(す)ごすことになりました。

 東京都の小池百合子(こいけゆりこ)知事は5月31日の記者会見で「中国側に感謝(かんしゃ)します」と話しました。将来(しょうらい)、帰ることには「さみしい方もいるかもしれませんが、(中国で)パンダを守り、子どもをつくって増(ふ)やしていく大きな役割(やくわり)を担(にな)っています」と説明しました。

 シャンシャンの父リーリーと母シンシンはもともと中国から借りたパンダで、シャンシャンを持つ権利(けんり)も中国にあります。シャンシャンはきょう12日で2歳になり、体重は約60キロまで大きくなりました。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報