東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<科学編>人間より上手 ゲームできるAI

AIが人間を上回る能力を出したテレビゲームのイメージ=ディープマインド提供

写真

 数十人のプレーヤーが敵(てき)と味方の2チームに分かれて相手の旗を取り合うテレビゲームで、人間以上にうまくプレーできる人工知能(じんこうちのう)(AI)を、イギリスの会社「ディープマインド」が開発しました。

 この会社は以前、囲碁(いご)でトップクラスの人間の棋士(きし)に勝てるAIを作り、世界をおどろかせました。

 今回のゲームは、1対1で交互(こうご)に石を打つ囲碁とちがい、たくさんの敵や味方がいつも動き回っているので、複雑(ふくざつ)で素早(すばや)い判断(はんだん)が求められます。味方と助け合うなどの戦略(せんりゃく)も必要です。

 開発チームは、AIに45万回もゲームをやらせて、成功や失敗の中から「高い得点(とくてん)を取れる戦い方」を自分で学び取らせました。数千回やるとふつうのレベルの人間と同じくらいうまくなり、20万回で強い人間を負かすほどになったそうです。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報