東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<社会編>首長竜の骨格 正確に復元

首長竜の全身骨格のレプリカについて説明する東京学芸大の佐藤たまき准教授=13日、北海道むかわ町で

写真

 北海道むかわ町(ちょう)で骨(ほね)の化石が見つかった首長竜(くびながりゅう)(通称(つうしょう)ホベツアラキリュウ)の全身骨格(こっかく)のレプリカが37年ぶりに骨の位置が見直され、より正確(せいかく)な姿(すがた)になりました。

 収蔵(しゅうぞう)する穂別(ほべつ)博物館によると、穂別町(現(げん)むかわ町)の化石収集家(しゅうしゅうか)、故荒木新太郎(こあらきしんたろう)さんが1975年、ひれの骨の化石を山中で見つけました。77年には胴体(どうたい)部分の骨の化石が発見され、82年に全長約8メートルの骨格が復元(ふくげん)されました。

 今回、首長竜を研究する東京学芸大の佐藤(さとう)たまき准教授(じゅんきょうじゅ)と、発掘(はっくつ)の様子を記録した鹿児島(かごしま)大の仲谷英夫(なかやひでお)教授が協力。北アメリカ大陸で化石が見つかった首長竜などを参考に、胸(むね)と腰(こし)の骨の細かい位置を直しました。

 レプリカは7月13日から10月14日、東京都の国立科学博物館の「恐竜博(きょうりゅうはく)2019」で展示(てんじ)されます。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報