東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<社会編>広島原爆の日74年 核廃絶求める   

原爆慰霊碑(いれいひ)の前で花を手向(たむ)ける人たち=6日、広島市の平和記念公園で

写真

 広島は6日、原爆(げんばく)投下から74年の「原爆の日」を迎(むか)え、広島市で平和を祈(いの)る式典が営(いとな)まれました。約5万人の参列者は「平和の鐘(かね)」が鳴り響(ひび)く中、原爆投下時刻(じこく)の午前8時15分に黙(もく)とうをささげました。

 松井一実(まついかずみ)市長は平和宣言(せんげん)で、日本が参加していない、核(かく)兵器の開発や使用を禁止(きんし)する核禁止条約(じょうやく)への署名(しょめい)などを政府(せいふ)に促(うなが)し、核廃絶(はいぜつ)へ指導力(しどうりょく)を発揮(はっき)するよう求めました。

 広島市の小学生から選ばれた子ども代表で、いずれも6年生の金田秋佳(かねだしゅうか)さん(11)と石橋忠大(いしばしただひろ)君(11)が「被爆(ひばく)者の思いに、私(わたし)たちの思いを重ねて、平和への思いを世界につなげます」と宣言しました。

 この1年間に亡(な)くなったり、死亡(しぼう)が確認(かくにん)されたりした被爆者は5068人で、総数(そうすう)は31万9186人となりました。

 長崎も9日、「原爆の日」を迎え、平和祈念(きねん)式典に参列した市民らが、原爆投下時刻の午前11時2分に黙とうをささげました。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報