東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<スポーツ編>全英V、20歳の新女王スマイル

ゴルフのAIG全英女子オープンで優勝し、トロフィーを手にする渋野日向子選手=4日、イギリスで(共同)

写真

 女子ゴルフで20歳(さい)の渋野日向子(しぶのひなこ)選手が4日、イギリス・ロンドンの北西約70キロに位置するミルトンキーンズで行われたメジャー大会、AIG全英(ぜんえい)女子オープンで優勝(ゆうしょう)しました。

 日本勢(ぜい)がメジャーで勝つのは、1977年の全米(ぜんべい)女子プロ選手権(せんしゅけん)を制(せい)した樋口久子(ひぐちひさこ)選手以来で、42年ぶり2人目のことです。

 渋野選手は岡山(おかやま)県出身で、実質的(じっしつてき)にプロになってまだ1年目です。自然体が強みで、快挙(かいきょ)を成しとげても「やっちゃいましたね。泣きそうになるかと思ったが、全然涙(なみだ)が出てこなかった」と話しています。

 にこやかな表情(ひょうじょう)から、海外メディアには「スマイリングシンデレラ」と名付けられました。スコアを落とす場面もありましたが、攻(せ)めの姿勢(しせい)を貫(つらぬ)いて逆転(ぎゃくてん)しました。海外の試合は初めてでしたが、シンデレラ誕生(たんじょう)です。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報