東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<生きもの編>むかわ竜 学名はカムイサウルス

カムイサウルス・ジャポニクスと命名された恐竜の全身実物化石(下)と全身復元(ふくげん)骨格=東京・上野の国立科学博物館で

写真

 北海道むかわ町(ちょう)で、2003年に見つかった「むかわ竜(りゅう)」の化石が新種の恐竜(きょうりゅう)と分かり、学名が「カムイサウルス・ジャポニクス」と命名されました。カムイは北海道の先住民族・アイヌの言葉で「神」のことで、名付け親の北海道大総合(そうごう)博物館の小林快次教授(こばやしよしつぐきょうじゅ)は「『日本の恐竜の神』という意味を込(こ)めた。生活の様子などの研究を進めたい」と話しています。

 カムイサウルスは全身の骨格(こっかく)が残る化石としては国内最大の恐竜で、約7200万年前の海の地層(ちそう)から見つかりました。頭からしっぽまで全長は約8メートル、体の高さは約4メートルと考えられています。

 小林教授によると、細い前あしを持ち、背骨(せぼね)の上にのびる突起(とっき)が、大きく前にかたむいていることなどが特徴(とくちょう)です。頭の骨の形から、うすく平たい板のようなとさかがあった可能性(かのうせい)があります。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報