東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<スポーツ編>ラグビー日本 初の8強へ快進撃

サモア戦でトライを決める福岡堅樹選手=5日、愛知県の豊田スタジアムで

写真

 4年に1度、ラグビーの世界一を決めるワールドカップ(W杯(はい))で、開催国(かいさいこく)の日本が快進撃(かいしんげき)を見せています。開幕(かいまく)3連勝で、初めてのベスト8入りに近づきました。W杯は世界の20カ国・地域(ちいき)が参加し、4組の1次リーグで各組の上位2チームが準々決勝(じゅんじゅんけっしょう)に進みます。

 日本は開幕戦でロシアに30−10で快勝しました。第2戦は大会開幕時に世界ランキング1位だった強豪(きょうごう)アイルランドと激突(げきとつ)し、19−12で逆転(ぎゃくてん)勝ちしました。アイルランドに勝ったのは初めてでした。第3戦もサモアを38−19で下しました。

 1次リーグ最終戦の相手はスコットランドです。日本は勝つか引き分ければ文句(もんく)なくベスト8入りが決まり、負けてもトライ数や点差次第で勝ち抜(ぬ)ける可能性(かのうせい)があります。この3連勝でラグビー人気も高まっています。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報