東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<国際編>紛争終結 エチオピア首相に平和賞

アフリカ連合(AU)の会合に出席したアビー首相=1月、エチオピア首都アディスアベバで(ロイター・共同)

写真

 ノルウェーのノーベル賞(しょう)委員会は10月11日、2019年のノーベル平和賞をアフリカ東部エチオピアのアビー・アハメド首相(しゅしょう)(43)に授与(じゅよ)すると発表しました。約20年にわたる隣国(りんごく)エリトリアとの国境紛争(こっきょうふんそう)を終わらせ、地域(ちいき)の安定に力を尽(つ)くしたことを評価(ひょうか)しました。

 アビー首相は委員会との電話で「感激(かんげき)しています」と話し、賞はアフリカ全体に与(あた)えられたものだと喜(よろこ)びました。

 エリトリアは1993年にエチオピアから独立(どくりつ)しましたが、98年に国境紛争が起き、2000年までに推定(すいてい)10万人が死亡(しぼう)しました。昨年4月に就任(しゅうにん)したアビー首相はエリトリアとの関係改善(かいぜん)に力を入れ、昨年7月に紛争を終わらせることに正式に合意しました。

 大臣のうち半数に女性(じょせい)を起用するなど、国内でも改革(かいかく)を行いました。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報