東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<スポーツ編>八村選手、NBA開幕戦で先発

初得点を決める八村選手(中央)=10月23日、アメリカのダラスで(AP・共同)

写真

 バスケットボールの世界最高峰(さいこうほう)、アメリカのNBAに、ウィザーズの八村塁(はちむらるい)選手がデビューしました。テキサス州ダラスで10月23日に行われたマーベリックス戦で、日本人として初めて開幕戦(かいまくせん)に先発出場。チームは100−108で黒星発進となりましたが、八村選手は14得点(とくてん)、10リバウンドを記録し、2部門で2桁(けた)の数字をマークする「ダブルダブル」でした。リバウンドはシュートし、入らなかったボールを取ることです。初得点は開始2分半で、パスを受けると相手2人に挟(はさ)まれながら左手でシュートを入れました。「負けてしまったけれど、そこそこの仕事はできたんじゃないか」と手応(てごた)えを話しています。

 父親がアフリカ西部のベナン人、母親が日本人で、富山(とやま)県生まれ。身長が2メートル3センチもあり、リングの真上からシュートするダンクシュートも得意です。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報