東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<生きもの編>コツメカワウソ 国際売買禁止に

密輸の未遂事件(みすいじけん)でタイから運ばれたコツメカワウソ=東京税関(ぜいかん)提供

写真

 東南アジアなどにすみ絶滅(ぜつめつ)が心配されているコツメカワウソを国の外に持ち出して売り買いする国際(こくさい)商業取引(とりひき)が、26日から禁止(きんし)されました。環境破壊(かんきょうはかい)ですむ場所が減(へ)ったことに加え、規則(きそく)に従(したが)わずに隠(かく)れて猟(りょう)をする密猟(みつりょう)や法律違反(ほうりついはん)の取引が行われているためです。

 隠れて輸出(ゆしゅつ)する密輸先として目立つのは、コツメカワウソが「かわいい」と人気になっている日本です。希少な動物のペットブームに、世界から厳(きび)しい目が注がれています。

 環境保護団体(ほごだんたい)によると、2015〜17年に東南アジアから密輸を図り、保護されたカワウソは59匹(ひき)。うち32匹が日本向けでした。数千円のカワウソが100万円以上で取引されることもあるそうです。こうした事態(じたい)に、環境省は日本国内での取引も厳しく制限(せいげん)することにしました。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報