東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<社会編>即位パレード 沿道に11万9000人

即位パレードで沿道の人たちに手を振られる天皇、皇后両陛下=10日、皇居前広場で

写真

 天皇陛下(てんのうへいか)の即位(そくい)を祝う祝賀式典が11月9日夜、東京・皇居(こうきょ)前広場で開かれました。天皇、皇后(こうごう)両陛下は、正門の石橋にお立ちになり、式典を見守りました。

 歌舞伎俳優(かぶきはいゆう)の松本白鸚(まつもとはくおう)さんや女優(じょゆう)の芦田愛菜(あしだまな)さんらがお祝いのメッセージを読み上げました。奉祝曲(ほうしゅくきょく)の披露(ひろう)では、全盲(ぜんもう)のピアニスト辻井伸行(つじいのぶゆき)さんが演奏(えんそう)、人気アイドルグループ「嵐(あらし)」が熱唱しました。

 天皇陛下は祝意に感謝(かんしゃ)し「国民の幸せを祈(いの)るとともに、わが国の一層(いっそう)の発展(はってん)と世界の平和を願います」とあいさつしました。

 10日午後には、パレード「祝賀御列(おんれつ)の儀(ぎ)」が、皇居から赤坂御所(あかさかごしょ)までの約4.6キロで行われました。

 両陛下はオープンカーに乗り沿道(えんどう)につめかけた約11万9000人の祝福に笑顔で手を振(ふ)って応(おう)じました。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報