東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<スポーツ編>リーチ選手の像 母校に贈る

リーチ・マイケル選手の母校でお披露目された像=1月16日、北海道札幌市で

写真

 昨年のラグビー・ワールドカップ(W杯(はい))日本代表で主将(しゅしょう)を務(つと)めたリーチ・マイケル選手をかたどった像(ぞう)のお披露目(ひろめ)式が1月16日、北海道札幌(さっぽろ)市の母校、札幌山の手高校で開かれました。本人からビデオメッセージも届(とど)き、「W杯では応援(おうえん)ありがとう。みなさんに会えるのを楽しみにしています」と後輩(こうはい)たちに呼(よ)びかけました。

 像はW杯を盛(も)り上げるために制作(せいさく)され、昨年4〜12月に東京・丸の内に設置(せっち)。展示(てんじ)期間終了(しゅうりょう)後にリーチ選手が母校に贈(おく)りました。

 像はほぼ等身大で、ボールを手に走るリーチ選手をイメージ。体育館で始業式に続いて行われた式で、ステージ上に像が登場すると、生徒たちから歓声(かんせい)が上がりました。ラグビー部キャプテンの木津谷勇輝(きつやゆうき)さんは「像は迫力(はくりょく)がある。練習がきついときに見てがんばりたい」と話しました。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報