東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<国際編>公務退く王子を英女王見守る

イギリスのロンドンで写真におさまる(右から)エリザベス女王、ヘンリー王子、メーガン妃=2018年6月(AP・共同)

写真

 イギリス王室は1月18日、エリザベス女王(93)の孫、ヘンリー王子(35)と妻(つま)のメーガン妃(ひ)(38)がこの春に王室の公務(こうむ)から退(しりぞ)くと発表しました。殿下(でんか)や妃殿下を表す王族の敬称(けいしょう)も使わなくなります。王室の主要メンバーから抜(ぬ)けるのは珍(めずら)しいことです。

 王子夫妻(ふさい)は立場の弱い人たちへの奉仕(ほうし)活動を続けたい考えです。イギリスのメディアによると、ヘンリー王子が王位を継承(けいしょう)する順位は6位のままです。エリザベス女王は「幸せで平穏(へいおん)な新生活を築(きず)くことを望みます。いつまでも家族の最愛のメンバーです」と話し、祖母(そぼ)として温かく見守っていく考えをしめしました。

 王子夫妻は2018年5月に結婚(けっこん)、昨年5月に長男アーチーちゃんが生まれました。メーガン妃はアフリカ系(けい)アメリカ人でイギリス王族の相手としてはあまり例がなく、注目を集めました。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報