東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > 親子で学ぶぅ > 記事

ここから本文

【親子で学ぶぅ】

<科学編>オリオン座の赤い星 寿命近い?   

写真

 冬の夜空で光るオリオン座(ざ)に「ベテルギウス」という赤い1等星があります。これが昨年の秋から暗くなっていて「消えてしまうのでは」と心配する天文ファンがいます。明るくなったり暗くなったりする「変光星(へんこうせい)」ですが、今回はいつもよりずっと暗いといいます。

 この星の寿命(じゅみょう)は約1000万年。そう遠くない時期に一生を終えるとみられる年老いた星です。最後には大きな爆発(ばくはつ)が起き、いったん明るくなった後に見えなくなるだろうといわれています。今回の暗さは、いよいよ終わりが近いという印なのでしょうか。

 星にくわしい学者は「そうではない」と話しています。爆発の前に暗くなったりはしないそうです。また、終わりが近いと言っても何万年も先のことかもしれません。星の時間と人間の時間はだいぶちがいますね。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報