東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > NIE > 記事

ここから本文

【NIE】

<知りたいコトバ 知っている?言葉>母校 

 日本新聞協会に加盟する新聞・通信・テレビ各社の用語担当者は、言葉の使い方などについて定期的に意見交換しています。以前、ある社が議題に挙げたのが「母校」。「その学校を卒業した人が呼ぶもので在校生は使えないと聞いた」というのです。

 調べてみると「(1)自分の卒業した学校(2)自分の在学している学校」などと併記した辞書が複数ありました。大辞林(三省堂)は、一九八八年の初版では「その人が学び卒業した学校。出身校」だけでしたが、九五年の第二版から「また、在学している学校」と続けるようになりました。二〇〇六年に出た第三版も同様です。「編さん時、実際の使用例に基づいて加えたようです」と担当者。今日では、在校生が使ってもあながち間違いとは言えないようです。

 そういえば、自分の巣立った中学、高校とも校歌の歌詞に「母校」と入っていました。通っていた当時、学校行事のたびに歌わせられた記憶があります。大辞林の初版よりさらに昔の話ですが。 (鈴木泰彦)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報