東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > NIE > 記事

ここから本文

【NIE】

<知りたいコトバ 知っている?言葉>多様性

 文化審議会国語分科会が二〇一六年にまとめた「常用漢字表の字体・字形に関する指針」は、印刷文字と手書き文字に違いがみられる例をいくつか挙げています。

 新元号で使われた「令」をはじめ「冷」や「鈴」、さらに「人」「北」「近」「心」など。これらは手書きの楷書と、印刷物でよく見る明朝体とで形が必ずしも一致しませんが、印刷文字と手書き文字それぞれの「習慣の相違に基づく表し方の差」であって、どちらか一方だけが正しいわけではない−と解説しています。字の細部が違っても、骨組みが同じで判読に影響しないなら誤りとはされません。漢字の世界はある意味、寛容です。

 三画目が点だったり横棒だったり、四画目と五画目が「マ」のようだったり「ア」に近かったり…。指針には、手書きの楷書だけで六パターンの「令」が紹介されています。「伝統的に漢字の字形には多様性がありました」「『正しい字形』は一つだけではありません」との記述もあります。いろんな「令和」があっていいのです。 (鈴木泰彦)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報