東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > NIE > 記事

ここから本文

【NIE】

<知りたいコトバ 知っている?言葉>供託って?(上)

 「二〇一八年のノーベル医学生理学賞を受賞した京都大・本庶佑(ほんじょたすく)特別教授の研究を基にして小野薬品工業が開発した、がん免疫治療薬オプジーボを巡り、同社から支払われた特許契約料の約二十六億円を受け取っていないと、同氏側が会見で明らかにした。全額が法務局に供託されているという」

 先月、本紙に掲載された記事の抜粋です。実は業務中の雑談で、同僚から「えっ、これ本庶さん側が供託したんじゃないんですか?」と疑問の声が上がり、私は「いや、小野薬品の方が供託してるんだよ」と返答。確かに記事中では、その主体が明示されておらず、どちらの行為なのかが判別しにくいのです。

 しかし、誤解するのも無理はないほど日常生活からは縁遠いものとなっている供託。小野薬品と本庶氏のケースに見られるように、個人間でも法的トラブル解決のため用いられることが多い、弁済のためにする供託=弁済供託=を例に取り、続編の(中)(下)で説明したいと思います。

 (矢野文高)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報