東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > NIE > 記事

ここから本文

【NIE】

<学校と新聞>記事から白熱議論 100万円贈呈 賛成?反対?

少数派も多数派もフラットに議論し合った第2回新聞会議=都内の中学校で

写真

 二つの学年が合同で開いた新聞会議(NPC)の第二回は、新メンバー史菜(あやな)さんが加わり十四人が参加。年初に話題になった通販サイト「ゾゾタウン」運営のZOZO(ゾゾ)の前沢友作社長が百人に百万円を贈呈した記事で議論に。

 まず瑠奈さんが「お金に余裕がある人は、自分で寄付して正しいお金の使い方をしてほしい」と発言。次々と反対の意見が。「お金の無駄遣い」(遥(はるか)さん)「応募した人がその通り使うかは疑問。見下している感じもする」(玲愛(れあ)さん)「選ばれる基準が不透明」(真鈴さん)「金でフォロワーを買ったと言われても仕方ない」(麗華(れいか)さん)。心温(もとはる)くんだけは「賛成の面も、反対の面もあるので難しい」という意見でした。

 反対の感想を出し合って終わってしまうのかとハラハラしていると、彩水さんが「実際にどんなことに使われたのか知りたいです」と一言。然(ぜん)くんが「僕が当選した人のツイッターを見たら、どれもちゃんとした夢だ。個人的には今後も期待したいです」と賛成意見が登場。拓音(たくと)くんも「当選者の使い方が素晴らしい。自分だったら絶対無駄遣いする。前沢さんにはどんどん稼いで税金をはらってほしい」と賛成のようです。

 遥さんが「賛成か反対か挙手して」と提案すると、賛成は三人、十一人は反対でした。少数派三人が続けて、「自分で努力した会社だからいいと思う」(拓音くん)「個人の自由」(彩水(あやみ)さん)。「見下していると考えず素直にもらっておけばいいのです」の然くんの発言にはみんな大爆笑。

 賛成派の押しに倫哉(ともや)くんが一撃。「百万円で夢を追える人は生活に余裕のある人たち。夢を追うこともできない人たちに援助すべきでは」。これを機に使い方の意見が続出、「もっと困っている人に使うべきだ」(穂乃華さん)「ツイッターでお金がもらえるのはおかしい」(琴鈴(ことり)さん)「お金はちゃんと自分で稼ぐべきだ」(史菜さん)と、大人の耳が痛くなる意見も。

 白熱した話し合いの最後に「当選したら百万円もらいますか」と聞くと、玉枝さんだけが「もらいません」ときっぱり。理由は「百万円もらって、自分の個人情報が流出したらどうするんですか」。お見事です。

 (東京都公立中学校主任教諭・穐田剛)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報