東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > NIE > 記事

ここから本文

【NIE】

<知りたいコトバ 知っている?言葉>遺憾

 大阪城のエレベーター設置をめぐる自身の発言に関して、安倍首相が「遺憾だ」と述べた−と報じられた後、ツイッターに「自分の言葉なのに遺憾?」「意味不明」などと言葉の選択を疑問視する書き込みがあふれました。

 「遺憾」とは「思っているようにならなくて心残りであること」(大辞林)。平たく言えば「残念」です。使用例を国会会議録で調べてみました。「韓国側に対して、今般の文喜相議長の発言は甚だしく不適切な内容を含むものであり、極めて遺憾である旨、厳しく申入れを行いました」(今年二月)、「私の記憶違いにより、正確性を欠く発言を行ったことについては、遺憾であり、訂正申し上げます」(二〇一五年二月)。いずれも衆院予算委での首相の弁です。他者だけでなく、自分の発言について過去にも「遺憾」と言っていますね。

 便利な使われ方はさておき、引っ掛かるのは今回の「遺憾」が伝聞でしかないこと。側近を使って釈明するのはいかがなものか。遺憾です。 (鈴木泰彦)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報