東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > NIE > 記事

ここから本文

【NIE】

<知りたいコトバ 知っている?言葉>おふくろの味今昔

 お盆に帰省して「おふくろの味」を堪能している人もいるかと思いますが、「おふくろの味」を「煮物などの素朴な家庭料理」としている辞書もあるように、代表格は「肉じゃが」といったところでしょうか。ところがその肉じゃが、明治時代の海軍の軍艦内の食事に起源があるなどいわれますが、実際に家庭に普及したのは戦後、それも高度成長期のようで、意外と新しい「おふくろの味」なのです。

 一方、その人にとっての「おふくろの味」もあります。若い人は「鳥の唐揚げ」や「ハンバーグ」を挙げる人が多そうです。また、合わせ調味料を使った料理が「おふくろの味」になっている可能性もあります。手軽で失敗しないのですから母親にしては大助かりです。ただ、これからの社会が格差を大きくしていくと、安さを売り物とするファストフードを「おふくろの味」とする層が生じてしまうかもしれないのは切ないですね。 (佐藤京次)

   ◇

 連載をまとめた「校閲記者の日本語真剣勝負」が発売中。問い合わせは東京新聞出版・社会事業部=電03(6910)2527。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報