東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > NIE > 記事

ここから本文

【NIE】

<知りたいコトバ 知っている?言葉>会瀬

 茨城県日立市会瀬町に市立会瀬小学校があります。この「会瀬」を何と読むか。漢字に強い方なら「逢瀬を重ねる」から「おうせ」と見当を付けるかもしれません。

 正解は、会瀬町が「おうせ」、会瀬小は「おおせ」です。恥ずかしながら九月十七日付の茨城県版の記事で、地名が「おうせ」であることを確認した上で学校名に「おうせ」とルビを振ってしまい、読者からお叱りをいただきました。市教育委員会に尋ねても「なぜそうなったのかは分からない」とのこと。

 現代仮名遣いは表記と発音の一致を目指しましたが、特に長音(伸ばす音)の表記には不徹底な部分も残りました。歴史的仮名遣いの「おほきい(大きい)」は「おおきい」になった一方、「おうさま(王様)」を発音通りに「おおさま」とはしません。もっとも「おうせ」を声に出して読めば「おおせ」なので、いっそ「おおせ」と書く方が合理的とも言えます。

 ちなみに、作家の逢坂剛さんは「おうさか」、衆院議員の逢坂誠二さんは「おおさか」です。 (宮尾幹成)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報