東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > NIE > 記事

ここから本文

【NIE】

<知りたいコトバ 知っている?言葉>交通整理

 「交通整理」をしていた警備員が事故に遭った−と伝えた九月の本紙記事について、事故とは関係のない警備会社にお勤めの読者から、校閲部に手紙をいただきました。「警備業界では『交通整理は強制力を伴い、警察によって行われるもの』と認識されています」との指摘です。

 業界団体の全国警備業協会に確認したところ、次のような説明でした。

 「例えば、道路工事などで警備員が車を誘導する行為はドライバーの任意の協力によって成り立っており、警察官や交通巡視員による交通整理とは性質が異なる。行為としては同じに見えても、権限があるわけではないので『交通誘導』と呼んで区別している。警備員には検定制度があるが、そこでの名称も『交通誘導警備業務』です」

 手紙をくれた読者は、勤務先で警備員の指導・監督役を務めていて「常々、『警察』と『警備』の違いを教育している」そうです。その道のプロとしての矜持(きょうじ)が文面から伝わってきました。勉強になります。 (鈴木泰彦)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報