東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > NIE > 記事

ここから本文

【NIE】

<コトバ言葉>いわれる

 いわゆる健康食品の広告で「〇〇は××にいいといわれています」という文章を目にすることがあります。この「いわれています」は伝聞の形をとっていて、誰がそれを述べたのかは書いていません。しかし、そのためにかえって「〇〇は××にいい」ということが「世間の常識」であるかのように印象付けられてしまうのです。実際、正しいとも正しくないとも書いていません。世間でそういわれているだけだと申し開きができる書き方なのです。

 このように、伝聞の形に隠れて正しさを押し付けることになりかねないので、「いわれる」という書き方は自分の文章からなるべく減らしたいな、と常日頃思っていました。

 ところが「いわれる」という言葉を使わないと「公暁が源実朝を殺したときに隠れていたといわれるイチョウ」の説明が難しいのに気づきました。日本で文献的にイチョウが確認されるのは室町時代以降ですが、鶴岡八幡宮の大イチョウは、「隠れたといわれる」ことで有名なのです。正しいか正しくないかは関係ない場合があるのですね。 (佐藤京次)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報