東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > NIE > 記事

ここから本文

【NIE】

<学校と新聞>ベイリーを取材して(上) 病院で働く犬の役割を紹介

ハンドラーの森田さん(右)の話をメモする取材中の清武さん。左の白い犬がベイリー、となりがアニー=横浜市南区で

写真

 福岡県粕屋(かすや)町の清武琳(きよたけりん)さん(11)=粕屋中央小五年=が、入院中の患者に寄り添うファシリティードッグ「ベイリー」(十二歳、オス)の取材をし、地元の西日本新聞「もの知りこどもタイムズ」のページに記事を書いて掲載されました。自らも病気と闘う清武さん。二〇一八年十月にベイリーが引退する新聞記事を読んで興味を抱き、取材に強い意欲を持っていました。訪れたのは、横浜市南区の神奈川県立こども医療センター。清武さんが書いた記事と取材後記などを、三回に分けて紹介します。

     ◇

 昨年十二月十三日、訪問したこども医療センターには、ファシリティードッグと共に仕事をするハンドラーの森田優子さん(38)と、ベイリーの後輩「アニー」(三歳、メス)も待っていてくれました。

【以下は清武さんが執筆】

     ★  ★

 ファシリティードッグとは、病院に勤務する犬のことだ。入院している子どもたちの心を落ち着かせたり、元気づけたりする。ベイリーやアニーがとなりにいると、注射や痛い検査を頑張ることができる子もいる。足のリハビリの歩く練習で一緒に犬のリードを持つと、前の日の倍も歩けるようになる子もいたという。「ベイリーは最高の薬」と言ってくれる患者さんもいる。

 森田さんとアニーは週五日、同センターに出勤し、毎日十〜二十人の子どもとふれあう。ベイリーは人間でいえば八十代。高齢のため引退し、森田さんとアニーが働く間は病院の中でのんびりと過ごしている。

     ★  ★

 ベイリーとアニーはオーストラリアで生まれ、米国・ハワイのトレーニングセンターで森田さんと一緒に訓練を受けて日本に来た。ファシリティードッグは六十種類以上のコマンド(指示)を覚え、ハンドラーにしっかり従う。子どもがなでやすいようにベッドにあごを乗せたり、添い寝をしたりする病院ならではのコマンドもあるという。

 ベイリーの性格はマイペース。子どもや親のつらい気持ちを読み取り、自分から近づいていく不思議な力を持っている。アニーは動きが機敏で、新しいコマンドもすぐに覚えて賢いそうだ。(次回に続く)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報