東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 教育 > NIE > 記事

ここから本文

【NIE】

<コトバ言葉>「山積」と「山積み」

 「難問」は「山積」それとも「山積み」でしょうか? 現在、どちらもよく使います。山積の意味は、うずたかく積もること、問題などがたくさんたまること。山積みは、山積という漢語を和語にしただけですから、意味はほぼ同じです。

 用例を見ると、山積は「難問、問題、課題が山積」などが多くの辞書に出てきます。山積みは「机の上に本が山積み・荷物を山積みにする」というような例が挙がっています。

 以前、ある新聞社では、取材記者が「難問山積み」と書いてきたら、校閲部で「山積」に直していたと聞きます。山積は、元々、あっては困るものがたまるというニュアンスのあることばなので、問題、難問などと一緒に用いられたのだと思います。今でも使い分けをしている社はあるようです。

 辞書の中には、山積を「さんし」と読ませることばを載せているものがあります。その一つ「新編大言海」には山積みがなく、山積を引くと「さんし」に誘導しています。「山のごとく、積もれること。衆多なること」とありました。 (浴野裕)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報