東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 放送芸能 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【放送芸能】

<華宝塚>前向きに進化し続ける 美園さくら(月組)

「美術館めぐりが好き。好きな画家はレンブラント、フェルメール」と話す美園さくら=東京宝塚劇場で

写真

 剣豪・宮本武蔵がさまざまな試練を経て人として成長する姿を描いた月組公演「夢現無双−吉川英治原作『宮本武蔵』より−」で、武蔵(珠城(たまき)りょう)を慕う幼なじみのお通を演じた。

 「武蔵が剣に一途(いちず)であるように、お通も武蔵への思いを貫き通す。芯を持った強い女性です」とお通像を話し、懸命な姿を日々の舞台で模索し続けた。

 第二部のショー「クルンテープ 天使の都」は、タイをテーマにした神秘的でオリエンタルな雰囲気漂う舞台。「豪華な衣装で、タイ旅行に行った気分になれる。高揚感のある作品です」

 子どものころから勉強に熱心に取り組み、特に答えがはっきり出る数学が得意だった。中学生の時、雪組公演「エリザベート」を観劇し、「客席が舞台にのみ込まれていく感じ」を体験。その世界観に魅了され宝塚をめざした。

 舞台の世界では答えは一つではないが、「挑戦してみることに意味がある。いろんな変化を編み出していきたい。正解を導くのはお客さまです」と話すまなざしは意欲に満ちあふれる。

 月組トップ娘役となって半年ほど。「なかなか慣れません」とはにかむが、「いただいた役を一生懸命務めることに変わりありません」。舞台人として「常に前を向き、一公演ごとに進化し、クオリティーの高い、心が温まる舞台をお届けできたら」とほほ笑んだ。 (山岸利行)

 ※公演は9日で終了。

●●三つの質問●●

 (1)無人島に何か一つだけ持っていくとしたら?

 −(「アラジンと魔法のランプ」に出てくる)魔法のランプ。(出てきた魔人に)「島から脱出させて」とお願いします。

 (2)「幸せだなあ」と感じるときは?

 −ご飯を食べているとき。ポン酢ともみじおろしで食べるしゃぶしゃぶなどがおいしい。

 (3)1週間休みがあったら何をしますか?

 −広島の宮島に一度行ってみたい。イタリアに行って遺跡などを見てみたい。

◆会える

 7月27日〜8月12日、大阪・梅田芸術劇場メインホールでの月組公演「ON THE TOWN」に出演予定。

<みその・さくら>

(1)出身地=東京都江戸川区

(2)出身校=大妻高校

(3)入団年=2013年

(4)愛称=さくら、さくさく

(5)趣味=洋画鑑賞、美術館めぐり

(6)好きな食べ物=ブドウ、サクランボ

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報