東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 放送芸能 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【放送芸能】

<華宝塚>千秋楽まで男役を追究 澄輝さやと(宙組)

「休みの日は気の向くまま映画やショッピング」と話す宙組の澄輝さやと=東京宝塚劇場で

写真

 米ラスベガスのカジノホテルを舞台に、個性的な十一人の男たちが金庫破りに挑む姿を描いた宙組公演「オーシャンズ11」で、カードを配るすご腕のディーラー、フランク役を演じている。

 二〇〇五年の初舞台以来、十五年にわたって男役を演じてきたが、今公演で退団する。

 舞台の前半、キリリとしたフランクが大人のナンバーを歌い上げる場面がある。「男役冥利(みょうり)に尽きます。十五年やってきて、最後の役。色気や包容力を出せたら」と、千秋楽まで男役を追究し続ける。

 さまざまなキャラクターが登場しイリュージョンなども盛り込まれ、「目が離せず、楽しく見られる作品」と魅力を話す。

 中学生の時、轟悠がトップスターだった雪組公演「ノバ・ボサ・ノバ」のエネルギッシュな舞台を見て、「自分に迫ってくるものがあり、舞台に立ってみたい」と、一気に引き込まれた。

 「がむしゃらに、ひたすら走ってきて、あっという間でした」というタカラジェンヌ人生。一番印象に残った舞台は、「エリザベート」でのルドルフ役。重圧に押しつぶされそうになる重要な難役で、「自分なのか役なのか、分からなかった」というくらい役にはまった。

 「山あり谷ありでしたが、温かく素晴らしいところ。宝塚は『宝物』です」

 澄みきった、すがすがしい笑顔が輝いた。 (山岸利行)

 東京宝塚劇場で、7月21日まで

●●三つの質問●●

 (1)無人島に何か一つだけ持っていくとしたら?

 −水です。人よりたくさん水を飲むタイプなので、水がないと生きていけない。

 (2)「幸せだなあ」と感じるときは?

 −卒業公演の今。お客さまに拍手をいただいたり、共演者と舞台に立たせていただいて、毎日が幸せです。

 (3)1週間休みがあったら何をしますか?

 −南国に行って海辺でひたすらぼーっとしていたい。スキューバダイビングもしたい。

<すみき・さやと>

(1)出身地=神戸市

(2)出身校=神戸松蔭高校

(3)入団年=2005年

(4)愛称=あっきー

(5)趣味=舞台鑑賞、ショッピング、ドライブ

(6)好きな色=水色、紺、紫

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報