東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 放送芸能 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【放送芸能】

漫画が原作の注目作相次ぐ 夏の連ドラ 視聴者の心つかめるか

「凪のお暇」から。主演の黒木華

写真

 民放各局の夏の連続ドラマが次々スタートする。今期のラインアップを見ると、人気漫画を原作にした注目作品が目立つ。原作ファンをうならせつつ、人気を追い風に視聴者の心をつかめるか−。 (原田晋也)

 TBS系「Heaven?〜ご苦楽レストラン〜」は、社会現象も巻き起こした「動物のお医者さん」などで知られる佐々木倫子(のりこ)の原作。石原さとみ演じる風変わりなフレンチレストランのオーナーと、福士蒼汰ら従業員が織りなすコメディーだ。

 日テレ系「偽装不倫」は、「海月(くらげ)姫」「東京タラレバ娘」などヒットメーカーとして知られる東村アキコの原作。杏が演じる三十二歳独身で恋人もいない主人公が、旅先で出合った年下の男性(宮沢氷魚(ひお))にとっさに既婚者とうそをついてしまったことから始まる複雑なラブストーリー。

 TBS系「凪(なぎ)のお暇(いとま)」も人気の同名漫画が原作。黒木華演じる主人公の凪が、場の空気を読み周囲に合わせて生きてきた人生を見つめ直す。凪は会社を辞めて引っ越し、彼氏(高橋一生)とも別れて人生をリセットしようとする。

 テレ朝系「べしゃり暮らし」は「ROOKIES」などのヒット作がある森田まさのり原作。間宮祥太朗と渡辺大知が演じる漫才コンビの成長と人間模様を描く。劇団ひとりが初めて連ドラの演出を手掛ける。

 フジ系「監察医 朝顔」も漫画原作。「のだめカンタービレ」以来、十三年ぶりに同局「月9」に出演する上野樹里が、新米法医学者、朝顔を演じる。韓国ドラマをリメークしたテレ朝系「サイン−法医学者 柚木貴志の事件−」も法医学がテーマだ。

 このほか、深田恭子が泥棒一家の娘を演じるフジ系「ルパンの娘」や、池井戸潤原作で、大泉洋演じるサラリーマンがラグビーチームを再建するTBS系「ノーサイド・ゲーム」などにも注目。第五シーズンに突入するテレ朝系「刑事7人」、テレ東「警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜SEASON4」などシリーズ作品も充実している。

「監察医朝顔」舞台あいさつに登場した上野樹里(前列左から2人目)ら=東京都港区で

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報