東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 放送芸能 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【放送芸能】

<華宝塚>男役は、器の大きさ 天飛華音(星組)

「踊りが大好き。芝居心のある踊りができたら」と話す天飛華音

写真

 星組公演「GOD OF STARS−食聖−」の新人公演(九月十九日)で初主演を果たした。料理人の頂上をめざす主人公ホン・シンシンの成長物語。公演冒頭、マイクトラブルが発生し、やり直しとなったが、「(主演が)揺らいではいけない」との思いで落ち着いて対応。入団四年目とは思えない大物感を示した。今回で退団する本役の紅(くれない)ゆずるからは「お客さまを楽しませて」と助言されると同時に、「舞台は心。ハートを強く持つことの大切さ」を教わった。

 本公演では、シンガポールのご当地アイドル役。「末っ子のキャラクターで楽しくお芝居させていただいてます」

 両親が宝塚ファンで、小学六年の時に初観劇。「幕が開いた瞬間、きらびやかで華やか、迫力ある舞台」に魅せられてたちまち虜(とりこ)になった。宝塚一本に進路を絞ってレッスンを重ねて、一発合格した。

 本公演も終盤に入ったが、「びっくりするくらい元気が有り余ってます」と陽気に笑う。古いDVDを見て男の所作を確かめるなど、男役研究に余念がない。「包容力、器の大きさを大切にしたい。こんな顔もするのかと、いろんな色を見せられたら」と話す。

 明るく若々しい星組の成長株。「おごらず、初心を忘れず、努力し続けること」を肝に銘じ、「目の前のことに何事も全力で」向き合う。 (山岸利行)

●●三つの質問●●

 (1)無人島に何か一つだけ持っていくとしたら?

 −一人では耐えられないので、同期(入団)の誰か。人以外では、水。

 (2)「幸せだなあ」と感じるときは?

 −稽古場で仲間と笑顔で話し合っている時など、たわいもない日常が幸せです。

 (3)1週間休みがあったら何をしますか?

 −海外旅行です。(エーゲ海に浮かぶ)ギリシャのサントリーニ島やドバイ、タイ、米ニューヨークなどに行ってみたい。

◆会える

 11月28日〜12月9日、宝塚バウホールでの星組公演「龍の宮物語」に出演予定

<あまと・かのん>

(1)出身地=鹿児島市

(2)出身校=市立吉野中学

(3)入団年=2016年

(4)愛称=カノン

(5)趣味=DVD鑑賞

(6)好きな食べ物=母が作る唐揚げ、和食

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報