東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 放送芸能 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【放送芸能】

<華宝塚>内面の豊かさを大切に 聖乃あすか(花組)

「先日、久しぶりのショッピングで表参道に行きました」と話す聖乃あすか=東京宝塚劇場で

写真

 花組「A Fairy Tale−青い薔薇(ばら)の精−」の新人公演(十月三十一日)で、青い薔薇の精エリュ役で主演を務めた。新人公演での主演は三回目だが、「何度やっても緊張します」と明かす。本公演(十一月二十四日で終了)の合間を縫っての限られた時間で舞台をつくり上げる難しさを口にしながらも「薔薇の精が人間と交わることで成長していく過程を大切にしました」。

 本公演では、掟(おきて)を破って青く染まる前の白い薔薇の精役。「踊りで感情を表現する役ですが、心から動くように」と、単なる振り付けにならないよう心掛けた。

 小学二年からダンススクールに通い、宝塚OGだった先生の勧めで宝塚を観劇し始めた。「何だ、これは!」「なんてすてきなの!」と魅力にはまり、中学に入ると宝塚に進むことを決意、見事一発合格を果たした。

 今回の公演で退団したトップスター明日海(あすみ)りおの背中をずっと見てきた。「常に謙虚で品があって、誰に対しても感謝の気持ちを忘れない」先輩からは「想像力をふくらませて、心に感じたものをそのまま表現する」ことなど多くを学んだ。

 謙虚で丁寧な受け答えが印象的な男役。「今年はさまざまな役に挑戦させていただいた一年でした。これからは内面の豊かさも大切にしながら、下級生(後輩)に背中を見せられるように成長していけたら」と、舞台の道を邁進(まいしん)する。 (山岸利行)

●● 三つの質問 ●●

 (1)無人島に何か一つだけ持っていくとしたら?

 −妹かトイプードルの愛犬。物では、食料。最近バナナにはまっています。

 (2)「幸せだなあ」と感じるときは?

 −舞台の最後にお客さまから拍手をいただいた時。プライベートでは、夜ベッドに入る瞬間。

 (3)1週間休みがあったら何をしますか?

 −海外旅行です。フランス、イタリア、オーストリア、イギリスなどに行って歴史的建物などを見たい。

◆会える

 2020年1月7〜22日、東京国際フォーラムでの花組公演「DANCE OLYMPIA」に出演予定。

<せいの・あすか>

(1)出身地=横浜市

(2)出身校=市立庄戸中学

(3)入団年=2014年

(4)愛称=ほのか、あすか

(5)趣味=ショッピング

(6)特技=タップダンス

花組公演『A Fairy Tale』で、白い薔薇の精を演じる聖乃あすか=東京宝塚劇場で

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報