東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 放送芸能 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【放送芸能】

<ねづっちの謎かけ道場> 結婚式の定番歌とかけて、転んでも気にせず駆けつけた助産師ととく…

 「桜を見る会」に反社会勢力が参加していたとの件が話題になっていますね。「芸人は反社会勢力の人と写真を撮って謹慎処分になった人がいる。政治家はオッケーなのか?」なんて話がありますが、きっとオッケーなんだと思います。政治家はこう答えるでしょう。「芸人はアウトだが、われわれはセーフ(政府)ですから」…とは、さすがに言わないか。ところでこの原稿を書いていると窓からの光がまぶしいです。これもある意味、反射(反社)のせいかね…? どうも、ねづっちです! 今週も6作品発表していきましょう!

★最優秀賞★

 結婚式の定番歌とかけて、転んでも気にせず駆けつけた助産師ととく。その心は、てんとう虫のサンバ(転倒無視の産婆)

 横浜市鶴見区 公務員 高田正夫(68)

 <評>やや強引ですが、よく言葉を合わせましたね。結婚式の定番歌といえば昔、友人とカラオケで点数を競い負け続け、その友人の結婚式の時に「乾杯(完敗)」を歌いました。

*特別賞*

 会社での役職とかけて、スーパーでの支払いはキャッシュレス決済ととく。その心は、ペイペイ(平社員)です

 千葉県八千代市 無職 浜舘秀二(69)

 <評>現金を使わないキャッシュレス決済。時代に合わせた謎かけですね。先日ニュースを見ながら妻が「わが家の家計もキャッシュレスだね」と言っていたので、「使い方が違うよ。でも一生懸命働くからね」と、優しく返しておきました。

     ◇

 三ツ星レストランとかけて、女優の千香子が来店したかととく。その心は、格式高い(賀来氏来たかい)

 埼玉県入間市 サービス業 サンチョ(36)

 <評>サンチョさんらしい強引謎かけ!(笑)。この強引さがクセになります。もっと簡潔にするなら「新聞社の会合」とといて「格式高い(各紙来たかい)」でもいいかもしれません。

 「桜を見る会」の参加者とかけて、月光仮面ととく。その心は、招待(正体)は明かせません

 東京都葛飾区 無職 ヨースケ(69)

 <評>シンプルですが、とてもわかりやすく風刺が効いてますね。ところで月光仮面は鍋奉行なんだそうですよ。まずは悪(アク)から救う(掬(すく)う)って。

 かっこいいお兄さんとかけて、ビタミン不足ととく。その心は、かっけー(脚気(かっけ))

 東京都練馬区 無職 紅善男(60)

 <評>お題で「かっこいい」と既に言ってオチが「かっけー」…。うーん、お題は「男前の」もしくは「イケメンの」お兄さんの方がいいかな? イケメンは会話文と同じです。格好つけてる(括弧付けてる)。

 今晩のおかずとかけて、昨日不在だった上司への報告ととく。その心は、今日おでんは(電話)あります

 横浜市南区 団体職員 毎日すててこ(56)

 <評>「おでんは」「電話」の「は」と「わ」は発音が同じなので重宝します。「コミュニケーションとかけて、ラッコととく。その心は、やっぱり会話(貝は)必要です」。幅が広がります。

◆直伝 お手本!

 今週もさらに新人さんからの投稿が増えました。また東京新聞のweb版にもこの「謎かけ道場」を取り上げていただけるようになり、より一層コーナーが盛り上がることを期待してます。では、最後に私の謎かけも。ととのいました!

 大阪とかけて、工事で使う道具ととく。その心は、鶴橋(ツルハシ)はホルモン(掘るもん)です

 先日大阪で仕事をした時、出されたお題です。以前、鶴橋で食べた焼き肉美味(おい)しかったなぁ。

☆近況報告!

 4、5日、東京・浅草演芸ホールで夜の部▽4〜19日、浅草東洋館で「漫才大行進」(休席あり)▽9日19時30分開演、新宿ハイジアV−1で単独ライブ「ねづっちのイロイロしてみる60分」

鳥取県で催された企業パーティーの営業に行ってきました。右はマジシャン集団XK徒(ザクト)の慶さん。イリュージョンすごかったです!

写真

※謎かけ大募集! 郵便番号、住所、氏名、年齢、職業、電話番号を明記し、はがきは〒100 8525 東京新聞放送芸能部「ねづっちの謎かけ道場」係、ファクスは03・3595・6929、Eメールは hougei-t@tokyo-np.co.jpへ。ペンネームも歓迎ですが、氏名もお忘れなく。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報