東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 放送芸能 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【放送芸能】

<笑う神 拾う神>どんぐりパワーズ 自然体の「ぽちゃカワ」

ミナコ(左)とあいこ

写真

 身長はミニサイズなのに体重を合わせると二〇〇キロ! マスコットキャラのような見た目が印象的な、今注目のぽちゃカワ芸人。

 しかし、そのネタは体形だけをウリにするのではなく、オシャレ、恋バナ、彼氏の愚痴など、イマドキ女子のガールズトークが、たまらなく面白い。

 実際、これまで体形で悩んだことはないという。「写真を撮ってもらうとき、デブに見えるのはいいけど、ブスに写るのは嫌! 加工します!」(ミナコ)。「ダイエットしようと思ったことはない。整形はしたいけど」(あいこ)

 ぽっちゃりエピソードを聞きだそうとしても、食べる量も普通、オシャレも古着屋に行ったらサイズがあるので大丈夫など、なかなか出てこない。

 しかし、ある質問をキッカケにぽっちゃりガールズトークが全開に! 子どものころ、おやつは何が好きだった? 「ラーメン」(あいこ)

 ラーメンがおやつ? 「わかる! ラーメンはお菓子だよね。そういえばお菓子はいっぱい食べた。父親が社長だったから、家にはお中元があふれ返っていて、小腹が減ったらハムを食べていた」(ミナコ)

 他に困ったコト、嫌だったコトは? 「運動会のリレーが嫌い。みんなに迷惑かけるから。その代わり綱引きはマジで頑張った」(ミナコ)。「足の爪が切れない。上を向いて寝ると息ができないので横向きに寝るけど、朝起きると手がしびれて感覚がない」(あいこ)。「わかる〜。手がとれたと思うよね? あはは!」(ミナコ)

 そう! 彼女たちは体形で困るコトはあっても悩んだコトはないため、ぽっちゃりを自虐ネタのように使わないのだ。現役ナースのミナコ。「患者さんに、食事に気をつけてくださいって普通に注意しますよ」(ミナコ)。ぽっちゃりをネガティブに思っていない。だから二人は面白い!  (今村クニト=放送作家)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報