東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 放送芸能 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【放送芸能】

<華宝塚>陰ある役で、もっと勉強 彩海せら(雪組)

「休みの日は家でゆっくりしていますが、ヨガをやってみたい」と話す彩海せら

写真

 雪組「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」(公演は終了)は、ロバート・デニーロ主演のギャング映画を宝塚がミュージカル化。米ニューヨークの裏社会で暮らす移民ヌードルス(望海風斗(のぞみふうと))の成長を描く作品。ヌードルスの幼なじみドミニクを演じた。

 禁酒法の時代に密造酒の運び屋をして儲(もう)けていたドミニクたちだが、「生きるためにこうするしかなかったという時代背景が見える子ども」を心掛けた。

 新人公演(一月二十一日、兵庫・宝塚大劇場)では一転、大人の労働者役。「陰のある役で、男役として一つの目標でした。もっともっと黒い役をやって勉強したい」と意欲を見せる。

 姉の影響もあって歌ったり踊ったりするのが好きで、小学一年の時からミュージカルスクールに通った。しばらくして、そのスクールの先生の勧めで宝塚の「ベルサイユのばら」を観劇したことが将来を決定づけた。衣装、化粧、舞台セットなどすべてに衝撃を受け、幼心にも「これは何だ!」と忘れられない経験となり、中学に入ってからバレエ、声楽など宝塚受験のための本格的な準備を進めた。

 昨年、「壬生(みぶ)義士伝」の新人公演で初主演を果たした。入団四年目での抜てきで将来が期待される。「笑顔がすてきで、色気があって、心の広い男役が目標です」。さわやかで優しげな笑みがこぼれた。 (山岸利行)

●● 三つの質問 ●●

 (1)無人島に何か一つだけ持っていくとしたら?

 −漫画「ドラえもん」に出てくる「どこでもドア」。生き延びる自信がないので、家に帰りたい。

 (2)「幸せだなあ」と感じるときは?

 −舞台に立っているとき。新型コロナウイルス感染拡大で公演が中止となり、再開されたときにあらためて実感しました。

 (3)1週間休みがあったら何をしますか?

 −米ブロードウェーで観劇して、レッスンも受けてみたい。

◆会える

 4月30日〜5月10日の雪組公演「NOW! ZOOM ME!!」(東京・文京シビックホール)に出演予定。

<あやみ・せら>

 (1)出身地=鹿児島市

 (2)出身校=鹿児島女子高校

 (3)入団年=2016年

 (4)愛称=あみ

 (5)趣味=DVD鑑賞

 (6)好きな食べ物=お肉、お米 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報