東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 放送芸能 > 伝統芸能一覧 > 記事

ここから本文

【伝統芸能】

シネマ歌舞伎「吉田屋」 仁左衛門&玉三郎 新春3日から公開

 片岡仁左衛門と坂東玉三郎の黄金コンビによるシネマ歌舞伎「廓(くるわ)文章 吉田屋」が来年一月三日から全国公開される。二〇〇九年四月の東京・歌舞伎座での舞台を収録した。

 遊女夕霧(玉三郎)に入れあげた伊左衛門(仁左衛門)は借金を抱え、親から勘当される。粗末な身なりで吉田屋の前に立つ伊左衛門は、主人の計らいで座敷に上げられ恋しい夕霧を待つが…。艶やかな男女の駆け引きが見どころの恋物語。身のこなしやせりふなどがやわらかい和事の名作で、上方歌舞伎の代表的な演目として知られる。

 仁左衛門にとって、片岡孝夫の時代から何度も玉三郎と演じてきたおなじみの演目。「夕霧に会いたいのにわざとつれなくするところがかわいらしい」と伊左衛門像を語るが、演じる役者としては「(夕霧の)母性本能が刺激されるというところに持っていかないとだめ」と厳しい。

 編集作業にも参加した仁左衛門は「(舞台の)後見が映らないように」「このカットは長めのほうがいいのでは」といったアドバイスをしたり、「このカットは他のカメラで撮った映像はないのか」とリクエストをするなどして、映画作品としての完成度を高めた。

 特別映像として、仁左衛門の俳優人生を振り返ったインタビュー映像や父である十三代目仁左衛門との稽古風景なども盛り込まれている。

  (山岸利行)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報