学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 全日本大会 > 記事

ここから本文

【全日本大会】

[富山]全日本で全力プレー誓う 大島フェニックス団結式

本番に向けて意気込みを語る長谷玄太主将(中)=射水市本開発で

写真

 十八日に東京都で開幕する高円宮賜杯第三十九回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメントに県代表として初出場する大島フェニックス(射水市)の団結式が四日、同市本開発のマクドナルド大島イータウン前店であった。

 大島フェニックスは創部六年目。式には選手二十四人と監督、コーチらが出席した。四辻三一(みつかず)監督(50)は「楽しく全国大会に向かって頑張っていきたい」とあいさつ。長谷玄太主将(11)=大島小学校六年=は「県代表としての誇りを持って、一生懸命プレーします」と意気込んだ。選手たちは店から贈られた横断幕に思い思いの抱負を書き込んだ。

 大会は東京新聞(中日新聞東京本社)などが主催し、日本マクドナルドが特別協賛。明治神宮野球場などを会場に全国の五十一チームが熱戦を繰り広げる。

 大島フェニックスは二回戦から登場し、二十日に東川大雪野球少年団(北海道北)と菱形U&U(熊本)の勝者と対戦する。 (小寺香菜子)

(北陸中日新聞)

 

この記事を印刷する

PR情報