学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 全日本大会 > 記事

ここから本文

【全日本大会】

[総合]東京六大学でベストナイン 原点に学童野球

 学童選手たちの夢舞台である、高円宮賜杯全日本学童マクドナルド・トーナメント。しかし、選手たちの野球人生はまだ始まったばかりで、その後も中学、高校、そして大学、社会人、さらにプロ野球へと、その道は続く。ここではこの春、東京六大学リーグでベストナインに選ばれたふたりの大学生選手に、学童時代から現在までの思い、後輩たちへのアドバイスを聞いた。

◆早大・加藤雅樹 「初の挫折 準備の大切さ学ぶ」 

リーグ戦でプレーする早大の加藤=早稲田大学野球部提供

写真

 4年前、当時、1年生だった現日本ハム・清宮幸太郎のいた早実で4番、捕手、そして主将として、夏の甲子園4強入りの立役者となった加藤雅樹。早大で主将を務めることし、勝負強い打撃でチームを引っ張り、春季リーグのベストナインに選ばれた。

 加藤が東京都昭島市の昭島リトルイーグルスで野球を始めたのは小学2年生のとき。5年生のときには4番打者として、東京都大会で優勝し、全日本学童大会に出場を果たしている。

学童野球時代、守備で締まった表情を見せる=本人提供

写真

 「実はあまり、いい思い出ではないんですよね」と、苦笑いで当時を振り返る。「あの年は都大会の後、あまり練習ができていなくて。それでも『何とかなるだろう』と思って全国大会に行き、2試合で5三振。全国大会独特の雰囲気にものまれて…。初めての挫折だったかもしれません」。その後、翌年の全国を目指すも、オーバーワークがたたり、冬に肘を故障。「大会には外野で出たんですが、都大会ベスト8に終わりました。悔しかったですね」

 その経験は、いまも加藤にとって大きな教訓となっている。「5年生のときの悔しさから、練習や準備の大切さを学んだし、6年生のときの悔しさがあるから、体のケアを怠らないようになりました。いまの僕の、原点といえるかもしれません」。さらに言えば、「チームが良くないときにこそ、打ち、元気づけられる存在でありたい」という彼のキャプテンシーも、その延長線上にあるのだろう。

 プロ入り志望の加藤。まずは最後となる秋季リーグ制覇に向け「結果にこだわりたい」。小学生たちには「失敗を恐れず、思い切り、勇気あるプレーを」とメッセージを送った。

<加藤雅樹(かとう・まさき)> 1997(平成9)年、東京都昭島市生まれ。小学2年生のときに昭島リトルイーグルスに入団。5年生の2008年に都大会で優勝し高円宮賜杯全日本学童大会に出場。瑞雲中時代は福生リトルシニアでプレーし日本代表。早実では主将を務めた3年夏の甲子園で4番・捕手として4強入りに貢献。早大では2年春のリーグで首位打者。ことしは主将を務め、春季リーグベストナイン(外野手)。185センチ、88キロ。右投げ左打ち。

インタビューに答える加藤

写真

◆明大・添田真海 「努力の成果 大舞台で大暴れ」

東京六大学リーグ戦での打撃=明治大学野球部提供

写真

 ことしの六大学春季リーグで首位打者に輝き、ベストナインにも選ばれた添田真海。重心を低く構えて足をしっかりと上げ、独特の打撃フォームで安打を量産する、明大のリードオフマンだ。

 学童野球時代、添田が大暴れしたのは、当時、関東16チームで行われていた東京新聞カップ・関東学童軟式野球大会。所属していた栃木県日光市の今二ブルーソックスは添田の投打にわたる活躍もあり、快進撃で準優勝を果たした。

 今二でプレーした小学生の頃は「本当に野球一色。テレビも野球中継以外、見た記憶がほとんどないし、好きだったのは、プロ野球選手のモノマネでしたし」という添田。父親の稔夫さんが監督だった今二の練習は「つらかったけど、今があるのは、あの練習があったからと思えます」と振り返る。

 中学時代は栃木下野リトルシニアで全国ベスト8。名門・作新学院高でも1年生からレギュラーを獲得し、3年連続で夏の甲子園に出場した。

関東学童大会で適時打を放つ

写真

 そんな添田も、大学でのレギュラー定着には時間がかかった。「守備の弱さは、自分でも感じていて」。悩んだ時期もあったというが、最上級生となったことしは、自分がチームを引っ張るという心構えも、躍進を後押しした。「この春は一番努力し、準備できた手応えがありました」

 秋には、春に続くチームのリーグ制覇とともに、「自分自身でも、もう一度、首位打者を取りたい」と、気持ちも新たに練習に取り組んでいる。卒業後は社会人チーム入りを希望。「小学生のときは、とにかくいっぱい食べて、よく寝ること。好きな野球を楽しんでほしい」と後輩たちに呼び掛けた。

<添田真海(そえだ・まなみ)> 1997(平成9)年、栃木県日光市生まれ。今市第二小3年のときに今二ブルーソックスに入団し、6年生のときに県学童大会優勝、関東学童大会準優勝。今市中時代は栃木下野リトルシニアで全国ベスト8。作新学院高では1年生からレギュラーで、1、2、3年夏に甲子園出場。明大では2年生から試合に出場し、19年春季リーグに打率4割で首位打者、ベストナイン(二塁手)。170センチ、70キロ、右投げ左打ち。

秋季リーグでの活躍を誓う明大・添田

写真
 

この記事を印刷する

PR情報