学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 全日本大会 > 記事

ここから本文

【全日本大会】

[総合]<ドラ番記者・谷大平>

 18日のヤクルト戦の前、神宮球場は子供たちであふれていた。「小学生の甲子園」と言われる高円宮賜杯全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメントの開会式。全国1万2000チームの代表51チームの選手たちが聖地で元気よく行進した。

 その様子を三塁側スタンドから見つめていたのは、ドラゴンズの1軍用具担当兼打撃投手の佐藤康幸さん。息子の翔悟君(6年)が所属する「北名古屋ドリームス」が愛知代表として3年連続出場。土日も仕事がある関係でなかなか試合を見に行けない中、チームが神宮に遠征中のため奇跡的にも足を運ぶことができたそうだ。

 残念ながら翔悟君は大会直前に股関節を痛めてメンバー入りできず、バックネット裏から開会式の様子を見つめた。「いいこともあれば悪いこともある。次の目標で頑張ってくれればね」とエールを送った佐藤さん。まだまだ野球人生はこれからだ。

(東京中日スポーツ)

 

この記事を印刷する

PR情報