学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 全日本大会 > 記事

ここから本文

【全日本大会】

[総合]千葉県代表・豊上、投打で好調 2戦32得点1失点

 神宮球場など都内5会場で2回戦16試合が行われた。この日から登場の前年優勝・多賀少年野球クラブ(滋賀)が完封勝利の滑り出し。関東勢は豊上ジュニアーズ(千葉)が2日連続の二桁得点で勝ち上がり、茎崎ファイターズ(茨城)も大勝。三田フレンズ(神奈川)は泉野球クラブ(岐阜)に延長タイブレークの末にサヨナラ勝ちした。

 21日には神宮球場など4会場で、3回戦と準々決勝がダブルヘッダーで行われ、大会4強が決定する。

好守備でピンチを切り抜け、グラブタッチをしてベンチに戻る豊上ナイン

写真

 豊上ジュニアーズは、田上ベースボールクラブ(新潟)に17−0で勝った初戦に続いて、この日も千徳小スポーツ少年団(岩手)から二桁15点を奪い大勝した。

 千徳小の先発・及川蓮志投手はキレの良い速球が目を引く好右腕。2回表には2本の安打で先制点も許したが、「5点以内なら大丈夫だと思っていました」と豊上・酒井一玖主将は涼しい顔で振り返る。

 その言葉どおりに、自慢の打線が即座に結果を出した。2回裏2死一、二塁から酒井主将が右中間を破る逆転の2点適時二塁打。3回には藤川倖生選手と神農敦選手の連打で1点を追加した。

 5回にも2点を追加した豊上は、6回には酒井主将の右翼フェンス越え満塁本塁打など、打者15人の猛攻で10点を奪って試合を決めた。

 「ストライクを積極的に振って、良い結果を出せています」と高野範哉監督。打線ばかりでなく、この日は金子昂永、前田敬悟、田中空良の3投手による継投で被安打4の1失点。2安打完封リレーの初戦に続き、投手陣も好調が続いている。

 3回戦の相手は大会最多6度優勝の強豪・長曽根ストロングス(大阪)。くしくも、初出場だった3年前にも3回戦で当たり、敗れた相手だ。酒井主将は「次も打線をつなぐ気持ちで、相手より1点でも多く点を取って勝ちたいです」と力強く話した。

◆神奈川・三田 劇的サヨナラ16強

タイブレークの末、落合主将(右)がサヨナラのホームを踏んで3回戦に駒を進めた三田ナイン

写真

 三田フレンズがいよいよ神がかってきた。最終7回に3点差を追いつき、タイブレークの8回に劇的なサヨナラ勝ちだ。

 敗色濃厚だった。0−3で最終7回裏を迎えた。一、二塁の好機を作りながらも2死。しかし、ここでエースで1番打者のキーマン志村隼選手が左越えの2点適時三塁打で1点差。「とにかく、後ろにつなごうと思ってました。つなげば、なんとかなる。ボク達は、県大会からこういう試合をいくつも勝ってきたから。負ける気がしなかった」と志村選手。この後、暴投で同点。流れを完全に引き寄せて、タイブレークに突入したのだった。

 8回表に2点を入れられた三田だが、勢いは衰えていなかった。その裏、無死二、三塁から敵失で1点。さらに満塁とし、大城亮人選手がしぶとく押し出し四球を選んで同点。なおも無死満塁で流れは完全に三田。ここで、米田虎輝選手の鋭いライナーが左前に糸を引いた。サヨナラだ。サヨナラのホームを踏んだ落合奏翔主将は「絶対に諦めない気持ちでした。この勢いで一つ一つ戦っていきたいです」と力を込めた。

 「県大会でも準々決勝で逆転満塁サヨナラホームランで勝って、準決勝も最終回に同点2ランで追いついて、抽選でした。今日も最終回に何があるか分からないから、諦めず行こうと選手に言いました。運も味方につけて、さらに上に行ければ」と志村克己監督。ミラクル軍団の快進撃はまだまだ止まりそうもない。

◆茨城・茎崎 緊張ほぐれ快勝

 茎崎ファイターズは福岡の長尾ファイターズと対戦。1回裏、4番・高島大悟主将がスクイズバントで相手投手のファンブルを誘い、三走・水瀬航平選手が生還し先制。塁をためた時の適時打や、敵失などで3回までに計8点を奪う猛攻で、序盤で主導権を握った。守っては田中昇之介、岡野碧斗の継投で相手打線を4安打に抑え完封した。

 吉田祐司監督は「ランナーをためて細かくつなぐうちらしい攻め方ができた。守備面も初戦に見えた硬さが取れてきたようだ」と勝因を分析。高島主将は先制のスクイズシーンを「三塁線に転がすつもりがピッチャー前に行ってしまった。ラッキーだった」と振り返った。「緊張がほぐれ、チームはいい雰囲気になってきた。次も勝ちたい」と意気込みを見せた。

◆北海道南・東16丁目 3発逆転快勝

ホームランボールを手に笑顔の東16丁目フリッパーズ(左から)中田君、高坂君、半田君

写真

 2年ぶりVを狙う東16丁目フリッパーズ(北海道南)は初戦で新町イーグレット(群馬)を相手に、「すばらしいバッテリーだった。ようやく勝てました」と笹谷武志監督が振り返る逆転勝利を挙げると、この日の2回戦では江津高角フェニックススポーツ少年団(島根)を相手に、前日の鬱憤(うっぷん)を晴らすかのように、強力打線が爆発した。

 2点を追う1回裏に高坂大輔君のソロ、中田壮謙くんの2ランと、2本の柵越え本塁打で逆転すると、3回には半田悠君が相手を突き放す2ランを放った。

 その後も得点を重ね、終わってみれば13−3の大勝。本塁打の高坂君は「次も大きいのを狙うより、次につなぐことを意識して打ちたい」と冷静に振り返り、中田君は「自分のミスもあって先制されたので、取り返すつもりで打ちました」と笑顔。半田君は「僕たちは打のチーム。次も打ちまくって勝ちたいです!」と宣言していた。

◆大阪・長曽根 奥本君69球完封

見事69球完封で2回戦を勝ち上がった長曽根ストロングスの奥本兼史(左)−岡田岳瑛バッテリー

写真

 長曽根ストロングス(大阪)の奥本兼史君−岡田岳瑛君バッテリーが「してやったり」の笑顔だ。沖縄代表・東風平星と対戦したこの日、6回まで2安打零封。最終7回も1死から失策で走者を出したが、次打者を狙ったかのように−どころか、実際に狙って6−4−3の併殺に仕留め、全69球で完投、完封勝利を飾った。「1試合70球なので、1イニング10球を頭に入れて、ストライク先行で勝負しました」と岡田捕手が言えば、奥本君も「きょうは調子が良かった」とニコニコ。大会最多を更新する、7度目Vを目指す“常勝軍団”は、70球制限ルールすらも追い風にしてしまいそうな勢いだ。

◆埼玉・加須 一時は同点も…

敗れて悔しそうな加須ドリームの選手たち

写真

 埼玉県代表の加須ドリームは、弘前ビクトリーベースボールクラブ(青森)に挑み1−9で敗れた。

 1回裏に先制を許したが、2回二死から茂木桜生人選手の二塁打などで1点を返して同点に。4回に2点、5回にも大量6点を奪われ引き離された。最終7回、篠塚大地選手が安打を放ち、代走の三枝累選手が三進、粘りを見せたが及ばなかった。松村大幹主将は「最後まで気を抜かず、自分たちの力を出せた。でも打線が投手を援護できず悔しい」と話した。長谷川幸雄監督は「序盤はいい流れをつくれたが肝心な場面でエラーが出たのが残念だった」と振り返った。

◆栃木・横川中央 粘り届かず敗戦

試合後、スタンドにあいさつする横川中央学童野球部の選手たち

写真

 栃木県代表の横川中央学童野球部は、服織野球スポーツ少年団(静岡)と対戦し、1−4で敗れた。

 相手投手陣の外角、内角を織り交ぜた投球に打線が苦しんだ。6回に3四球で2死満塁としてから暴投で1点を返し、最終7回には岸田顕人選手が二塁打を放つ粘りを見せたが、及ばなかった。

 堀野誠監督は「相手の投手が良くて、打ちあぐねた。出塁し小技で点数を取る展開にもっていけなかった」と残念がり、「子供たちは神宮で試合ができることを楽しみにしていた。普段以上の応援の中で野球ができて幸せです」と話した。箕輪桂佑主将は「チームの全員が力を振り絞りました」と前を向いた。

 ▽2回戦

 ○…神宮球場…○

多賀少年野球クラブ(前年優勝・滋賀)

0110000|2

0000000|0

額レッドライオンズ(石川)

(多)藤内翼、辻琉沙−坊野幸樹

(額)中野太貴、三ッ井章太、中川絢太、中野朋紀−中野朋、中野太

本塁打 高田庵冬(多)

津久見少年野球部(大分)

0031202|8

106023x|12

白鳥本町少年野球クラブ(香川)

(津)近藤兵衛、林田滉生、黒木伶−宗拓海

(白)高原碧人、三好星瑚−丸與昊大

大崎ジュニアドラゴン(宮城)

0000000|0

100010x|2

猪名川ヤンキース(兵庫)

(大)村上大悟、佐々木太陽−大柳悠音

(猪)長瀬大来、三宅千裕−福元聖矢

横川中央学童野球部(栃木)

0000010|1

100030x|4

服織野球スポーツ少年団(静岡)

(横)黒崎匠翔、小川亜怜−岸田顕人

(服)宮腰龍太郎、高久翔太−杉山桜雅、佐々木慎之助

不動パイレーツ(東京1)

0000041|5

0010000|1

久御山バッファローズ(京都)

(不)池田稜、吉岡獅音−阿部光芯

(久)平井悠太、長嶋颯斗−伊藤滉人、平井

 ○…小野路球場…○

払戸小野球スポーツ少年団(秋田)

0000010|1

112100x|5

岡山庭瀬シャークス(岡山)

(払)伊藤偲葉、船木朝陽、畠山大翔、佐藤悠貴−畠山、戸部広継

(岡)難波光輝、田邊大登、佐々岡優翔−見村昊成

本塁打 畠山(払)

加須ドリーム(埼玉)

0100000|1

100260x|9

弘前ビクトリーベースボールクラブ(青森)

(加)真中翔、恩田優斗、広瀬聡大−八木橋詢

(弘)乕谷朔ノ助、森山陽翔−原田琉生

泉野球クラブ(岐阜)

01000112|5

00000033x|6

三田フレンズ(神奈川)

 ※タイブレーク8回

(泉)澤田成、加藤佑麻、柴田蒼亮−西岡真

(三)志村隼、落合奏翔、尾形瑠唯−飛川洸征

 ○…府中市民球場…○

田辺第一クラブわかしお(和歌山)

0010000|1

004000x|4

木田ネイビーブルーズ(福井)

(田)佐井川湧牙、中松昇汰−中松昇汰、佐井川湧牙

(木)清水詩太、中島稜太−堀脩哉

長尾ファイターズ(福岡)

0000000|0

422000x|8

茎崎ファイターズ(茨城)

(長)川口瑛大、吉田鷹人、林誠一郎−吉田、川口

(茎)田中昇之介、岡野碧斗−中村悠希

土居北軟式野球野球スポーツ少年団(愛媛)

00010001|2

00100002x|3

新南笠イーグルス(滋賀)

 ※タイブレーク8回

(土)河上維寿、鈴木陽斗−近藤巧

(新)杉藤立基、大久保航汰−桂健留

 ○…稲城中央公園野球場…○

松本ライオンズ(長野)

1000124|8

013081x|13

北名古屋ドリームス(愛知)

(松)野口貴弘、堤結翔、板花玲、伊藤祥吾−板花、古川隼乃介、板花

(北)宮崎健誠、吉田昊輝、池田堂来、山田稜真−鈴木悠人、宮崎

東川大雪野球少年団(北海道北)

12501004|13

00006303|12

大島フェニックス(富山)

 ※タイブレーク8回

(東)藤原隆世、大岩侑真、小林泰晴−山本竜聖

(大)中野翔真、山下悠斗、宮里音想−石崎奏志

 ○…立川公園野球場…○

江津高角フェニックススポーツ少年団(島根)

2001000|3

304312x|13

東16丁目フリッパーズ(北海道南)

(江)右田愛喜、西本翔−西本、右田

(東)平井麗朱、吉村斗、種田奨大、吉川慎之助−中田壮謙、竹村虎起

本塁打 高坂大輔、中田壮謙、半田悠(東)

東風平星(沖縄)

0000000|0

000021x|3

長曽根ストロングス(大阪)

(東)大城卓志、平良章伍、東江晃蓮−大城汰牙

(長)奥本兼史−岡田岳瑛

千徳小スポーツ少年団(岩手)

0100000|1

0210210x|15

豊上ジュニアーズ(千葉)

(千)及川蓮志、伊藤音流、稲次征−伊藤臣弘

(豊)金子昂永、前田敬悟、田中空良−森岡大和

本塁打 酒井一玖(豊)

(東京中日スポーツ)

 

この記事を印刷する

PR情報