学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 全日本大会 > 記事

ここから本文

【全日本大会】

[千葉]豊上が大勝、3回戦へ

好守備でピンチを切り抜け、ベンチに戻る豊上ジュニアーズの選手ら=東京都立川市で

写真

 高円宮賜杯第39回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント(東京新聞など主催)に県代表で出場している豊上ジュニアーズ(柏市)は二十日、立川公園野球場(東京都立川市)で千徳小スポーツ少年団(岩手)との2回戦に臨み、15−1で大勝した。

 二回表に2本の安打で先制点を許したが、その裏、酒井一玖(いっきゅう)主将(6年)が右中間を破る逆転の2点適時二塁打。三回には藤川倖生(こうせい)選手(5年)と神農(じんのう)敦選手(6年)の連打で1点を追加。六回には酒井主将の満塁本塁打など、打者15人の猛攻で10点を奪って試合を決めた。

 投手陣も3投手による継投で被安打5の1失点と好投した。

 高野範哉監督は「ストライクを積極的に振って、良い結果を出せています」と話し、酒井主将は「次も打線をつなぐ気持ちで、相手より1点でも多く点を取って勝ちたいです」と力強く誓った。 (鈴木秀樹)

 ▽2回戦

千徳小スポーツ少年団(岩手)

0100000|1

0210210x|15

豊上ジュニアーズ

(千)及川蓮、伊藤音、稲次征−伊藤臣

(豊)金子、前田、田中−森岡

本塁打 酒井(豊)▽二塁打 酒井2(豊)

 

この記事を印刷する

PR情報