学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 全日本大会 > 記事

ここから本文

【全日本大会】

[栃木]横川中央、粘り及ばず 箕輪主将「全員が力出し切った」

1回裏2死、服織野球スポーツ少年団の杉山選手の二盗を阻止した、横川中央学童野球部の遊撃手の箕輪桂佑選手(中)=東京・神宮球場で

写真

 高円宮賜杯第39回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント(東京新聞など主催)に出場した県代表の横川中央学童野球部(宇都宮市)は二十日、神宮球場(東京都新宿区)で、服織(はとり)野球スポーツ少年団(静岡)と対戦し、1−4で敗れた。

 2回戦からの登場となった横川中央は、相手投手陣の外角、内角を織り交ぜた投球に打線が苦しんだ。六回に3四球で2死満塁とし、暴投で1点を返し、最終回には岸田顕人(けんと)選手(6年)が二塁打を放つ粘りを見せたが、及ばなかった。

 堀野誠監督は「相手の投手が良くて、打ちあぐねた。出塁し、小技で点数を取る展開にもっていけなかった」と残念がり、「子どもたちは神宮で試合ができることを楽しみにしていた。普段以上の応援の中で野球ができて幸せです」と話した。箕輪桂佑(けいすけ)主将(6年)は「チームの全員が力を振り絞りました」と前を向いた。 (松尾博史)

 ▽2回戦

横川中央学童野球部

0000010|1

100030x|4

服織野球スポーツ少年団(静岡)

(横)黒崎、小川−岸田顕

(服)宮腰、高久−杉山、佐々木慎

▽二塁打 岸田顕(横)宮腰(服)

 

この記事を印刷する

PR情報