学童軟式野球

トップ > イベント > 学童軟式野球 > 全日本大会 > 記事

ここから本文

【全日本大会】

[茨城]茎崎ファイターズ、決勝初進出 終盤に加点、突き放す

1回表2死一、三塁、一走高島選手の二盗の間に生還し、茎崎ファイターズの打者の橋本選手(左)に迎えられる三走の安斎選手=東京都の神宮球場で

写真

 高円宮賜杯第39回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント(東京新聞など主催)に県代表で出場している茎崎ファイターズ(つくば市)は二十二日、東京・神宮球場で準決勝を戦い、不動パイレーツ(東京第一)を7−4で下し、決勝に初進出した。

 先攻の茎崎は初回に安打で出塁した安斎雄亮選手(6年)が相手守備の乱れで先制のホームを陥れながら、その裏に追いつかれた。

 二、三回も加点したものの、同じ点数を献上。「それでも、相手に1点でもリードされることがなかったのは良かった」と吉田祐司監督。五回に中村悠希選手(同)の安打から奪った1点で均衡を破り、七回にも2点を加え勝負を決めた。

 投げては「調子良くなかったけど、丁寧に投げました」という先発の田中昇之介投手(同)から、「最近、コントロール良く投げられています」という桜井創太投手(同)への継投で、走者を出しながらも中盤以降を抑え切った。

 チームの歴史を塗り替える決勝は、昨年王者の多賀少年野球クラブ(滋賀)との対戦。吉田監督は「思い切って、悔いを残さないように戦いたい」と力を込めた。 (鈴木秀樹)

 

この記事を印刷する

PR情報